線路沿いの三ツ星デイサービス広島市西区、JR横川駅北口から徒歩1分の三ツ星デイサービスです。

業界を変えるきっかけになれたら良いと思い、綴ることに致しました。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    産業 11:39
    0

      介護業も働くところが多くなり、労働者が職場を選ぶことが容易になりました。

      雇う側はより魅力的な職場環境を整える必要があり、よく言われることですが人材確保こそがサービスの向上への近道であります。

      介護業界自体が魅力的でなければ、他の産業へ流出してしまいます。このことについて行政だけが原因だと言っていてはいつまでたっても同じことです。個人個人の、法人法人の努力も必要だと思います。社会的に必要な仕事ですからとか、最低限食べるのに困らないからと甘い気持ちで乗っかっていては危険です。



      勤める側の心理としては、自らの介護観に近い介護職場を選びたいと思っています。しかし、そこばかりに固執しすぎるとその人は永遠に望む職場に当たらないような気がします。
      私も通所介護に慣れることに大変苦労しました。心の中では毎日戦っています。最近はようやく落ち着きました。私は施設での介護を長く続けていました。通所介護の価値観は細かいところは違うなとよくよく思います。違いに苦しみながら受け入れ、吸収するとその先に成長がありました。だから良かったと今では思っています。



      将来日本の高齢者数がピークになった時、生産労働人口の内で介護業に携わる人の割合はどのくらいになるのでしょうか?調べていないのでわかりませんが、高い比率になるような気がします。

      ところで私は先日台北に行ってきました。むこうで年を越しました。台湾に限らずアジアの人は良く働く印象があります。「12月31日だけ特別で1月1日からは誰もが働いていますよ、銀行は2日から開きます。」と現地の人が話していました。近い将来日本は経済面でこれらの国々に抜かされるのではとそのとき私は思いました。

      働くことだけがすべてではありませんが、働くときは一生懸命でなければいけません。


      介護サービスを外国へ輸出できるようになれば良いと思いませんか?将来の日本経済の安定に貢献できる手段の一つだと異国の地でぼんやりと思っていました。
      | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 三ツ星くん - -
      スポンサーサイト 11:39
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://yasashio.jugem.jp/trackback/105
        << NEW | TOP | OLD>>